検査について

  • TOP
  • 検査について

経鼻内視鏡検査のお話

経鼻内視鏡検査とはどういう検査?

〈検査の目的〉

上部消化管とは、食道・胃・十二指腸のことです。これらの場所にできる病気(胃炎・潰瘍・ポリープ・がんなど)を見つけ、適切な治療を行うために行います。

〈経鼻内視鏡検査って?〉

従来の内視鏡検査は口から内視鏡(胃カメラ)を挿入するため、どうしてものどや舌を刺激してしまいます。このため咽頭反射(のどの奥に指をつっこんだ時におきるオエッとした感じ)がおこりげっぷや吐き気がでてしまい、”苦しい””2度とやりたくない”と思われた方も多くみえました。これを解消するため近年先端が5~6mmと細い内視鏡が開発されました。この細い内視鏡を鼻から通して挿入することにより、咽頭反射がほとんど起こらず以前より楽に内視鏡検査を受けていただくことができるようになりました。

〈経鼻内視鏡検査の良い点悪い点は?〉

上で述べたように咽頭反射がおきにくいため、鎮痙剤や鎮静剤の必要がなく、より安全に内視鏡検査を受けていただくことができます。話すこともできますので、検査中術者と会話しながら検査ができます。ただ従来の内視鏡より細いためやや胃液の吸引等で従来より検査時間が多少長くなる場合があります。また十分鼻に麻酔をかけますが、内視鏡が鼻を通過する時に多少痛みや異物感を感じる場合があります。数%の頻度で鼻血がでる場合があります。

〈経鼻内視鏡検査はみんな受けられるの?〉

小鼻でもともと鼻腔が狭い方は鼻からの挿入ができず、口からの検査に変更する場合があります。また従来の口からの内視鏡で特に苦痛を感じなかった方や、鼻からの内視鏡に抵抗のある方は口からの内視鏡検査を受けていただきます。

実際の検査の注意事項は?

●検査前日の夕食は、午後9時までにすませて下さい。午後9時以降は検査終了まで何も食べないでください(少量の水・お茶は飲んでいただいてかまいませんが、牛乳・コーヒー・ジュースなどは飲まないで下さい。お薬を飲まれている方は医師に相談して下さい)。

●検査前に鼻とのどの麻酔のために、キシロカインという麻酔薬を噴霧します。キシロカインにアレルギーのある方は、事前にお申し出ください。以前に歯医者さんの麻酔などで気分が悪くなったことがあるかたは教えてください。

●当院ではなるべく苦痛の少ない方法で検査を行っておりますが、ご希望のかたには鎮静剤を使用しますので医師にご相談ください。この場合薬の副作用で意識がもうろうとして眠くなりますので、検査後しばらく休憩していただきます。お車での来院はお控えください。呼吸器能の悪い方や御高齢の方は呼吸の抑制を起こす事がありますので使用できません。

内視鏡検査は初めてですか?大丈夫です。すぐに終わりますよ。

大腸内視鏡検査のお話

大腸内視鏡(大腸ファイバー)検査とはどういう検査?

大腸ファイバーってどんなことするの?と不安に思われる方も多いと思います。正確には現在ではファイバースコープではなく、電子スコープという最も進んだ器械を使用します。 電子スコープの太さは直径約13ミリ(人さし指くらいの太さ)で、これを肛門から大腸の奥まで挿入し、病気の有無を調べる検査です。
大腸の中の様子がテレビモニターに大きく映し出され、粘膜の細かい異常がよくわかります。場合によっては、粘膜の一部を採取して、顕微鏡で調べる生検という検査を行うこともあります。
注腸造影検査で異常が認められた場合などに精密検査として行います。近年欧米型の食生活となり、大腸がんの発生が非常に多くなっています。大腸がんの早期発見には必須の検査です。

検査は大変ですか?

大腸は細く曲がりくねっています。この曲がりをまっすぐにしながらスコープを入れていく時に腸が引っぱられて痛い場合があります。
この曲がりの程度は人により様々ですので、痛みを強く感じたり感じなかったりします。また以前お腹の手術を受けた人は腸が、ゆ着して痛みを強く感じる場合があります。
当院ではなるべく痛みの少ない挿入方で検査を行いますが、不安な方は鎮静剤を使用しますので御相談ください(鎮静剤使用後は意識がもうろうとしたり気分が悪くなったりする場合がありますので、検査後しばらく休憩していただきます)。
検査時間は通常30分以内に終わりますが、腸の曲がりが強い人は、それ以上時間がかかる場合があります。

検査の合併症はないの?

無理にスコープを挿入すると、ごくまれに大腸に傷がつき穴があく危険があります。
当院では細心の注意をはらって、スコープを挿入しますので御安心ください。今まで穴のあいた例はありません。

結果はいつわかるの?

生検した場合は結果がでるまで約1週間かかりますので、次回の受診日に結果をお話しします。
その他の方はその場ですぐ結果をお話します。

検査をうまく行うために

大腸のなかに便が残っていては、十分に観察ができません。ですから大腸内視鏡検査では前処置が非常にたいせつになります。
通常検査前に腸管洗浄液というお薬(当院ではニフレックを使用)を約2リットル飲んでいただきます。
ニフレックは腸から吸収されず、腸を洗いながすお薬です。服用後頻回に便がでます。 便の色が無色~黄色透明になったら準備OKです。まだ便が固かったり、どろどろの便の時はお申し出下さい。
ふだん便秘気味のかたはあらかじめ下剤で便通を整えますのでお申し出ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

加藤内科胃腸科クリニック

内科・胃腸科・小児科

TEL:052-709-7717
FAX:052-709-7718
愛知県名古屋市名東区一社2-5 THE QOL2F

診療時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~19:00

何でもお気軽にご相談ください。
ご来院をお待ちしております。